FC2ブログ

Latest Entries

【浪花節をレコードで聴く①】

京極佳津照『隠岐の孤島/晴れ晴れ雲』(ローオンレコード)

●後に浪曲中興の祖と呼ばれるようになった桃中軒雲右衛門が吉川繁吉という名の頃、女房で三味線弾きのお浜と岡崎の地で門付けをしている。ある日、開盛座の主人に誘われ、舞台に上がり、富士山一国斎と改名し、実力と人気をつけていく。それから10年後、雲右衛門という名で京都南座の舞台で押しも押されぬ浪曲師となったその楽屋へ、開盛座の番頭がやって来て、小屋のお凋落と新しくできた千歳座に中村鴈治郎が出演するので、雲右衛門で対抗したい旨を告げる。喜んで劇場に出向く雲右衛門は10年前のお礼と、十八番の『南部坂雪の別れ』を唸る……。

●一時期、姓名学に凝って「京極佳津照」と名乗っていた時期があり、このレコードの表記もそれに従っているが、やはり「松平国十郎」の方がしっくりとする。実は個人的に間に合っている先生で、その時に聴いたのも、この『晴れ晴れ雲』であった。前半の若き雲右衛門の苦労にある様子と、有名人になってからも、自分の芸と受けた義理は忘れないでいる様子。その心情描写が、まさに「朗々と」という表現がピッタリな節回しと啖呵からうかがえる。独特なサ行の発声と、その高音で滑らかな節の調子もまた気持ちいい。終盤で桃中軒雲右衛門の声色で『南部坂』を唸るのだが、これが音に残る名調子とそっくりで驚く。レコードのA面は『隠岐の孤島』(中川明徳・脚色)。元弘の乱で隠岐島に流された後醍醐天皇とその臣下の物語。たっぷりと国十郎節が味わえる。『晴れ晴れ雲』は村松梢風原作で、吉野夫二郎脚色。ともに三味線は松浦友岐子。(2021.09.01.)

【重要なお知らせ】 古書「オフィスぼんが」について

いつも古書・オフィスぼんがをご贔屓お引き立ていただき、ありがとうございます。
さて、新型コロナウィルスの感染対策に関しては、4月25日に三度目の「緊急事態宣言」が発令され、いまだ予断を許さない状況が続いております。
東京都が公表した休業要請対象施設リストに「古書店」が含まれ、しばらくの間、古書店としての営業を中止することにしました。

東京都の休業要請にともない、下記の期間、休業いたします

期間:4月25日(日)~5月11日(火)

お客様には大変ご迷惑をお掛けしますが、新型コロナウィルス感染拡大防止を旨とする対応であることを、ご承知おきいただきたいこと。さらに緊急事態宣言があけた際には、再び、演芸や江戸・東京関係の書籍、及び資料等の取り扱いをはじめてたいと思っておりますので、今後とも、墨亭とともにお支えいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

2021.04.26.
2021..05.19.更新

墨亭のご案内:2019年11月

いつもありがとうございます。
「墨亭」の11月公演のお知らせです。
今月も新しい会と目新しい会をご用意しております。
万障繰り合わせの上、お越し願います。

◎11/8(金)「落語講座・その8~古今亭志ん生と「なめくじ長屋」~」
 14~16時、1500円(飲み物付)
◎11/9(土)「神田春陽連続講談の会『徳川天一坊・その9』」
 14~16時、2000円
◎11/16(土)「隅田川馬石の会」
 14~16時、2500円
◎11/23(土)「朝の二ツ目の会~春風亭昇吾の会」
 10時30分~12時、1500円
◎11/23(土)「古今亭菊之丞の会」★満員御礼★
 14~16時、2500円
◎11/24(日)「柳亭芝楽の会」
 10時30分~12時30分、2000円
◎11/30(土)「三遊亭金朝の会」
 14~16時、2000円


※各回とも開場は開演の 20 分前です。

【会場】 向島・墨亭 (墨田区東向島 1-10-20)
【問合せ・予約】 オフィスぼんが 080-1327-5615/ticketbon@yahoo.co.jp (メールが確実です)

墨亭のお知らせ:2019.10.【追加】

以下の会の開催が決定いたしました。

◎10/27(日)「朝の二ツ目の会~神田紅佳の会」
 10:30~12:00、入場料1500円


10月開催の他の会ともども、よろしくお願いいたします。

墨亭のご案内:2019年10月

いつもありがとうございます。
「墨亭」の10月公演のお知らせです。
新しい会、目新しい会も並んでおります。
万障繰り合わせの上、お越し願います。

◎10/5(土)「神田春陽連続講談の会~『徳川天一坊・7』」
 ・14:00~16:00、入場料2000 円
◎10/11(金)「墨亭・落語講座・その6~三遊亭圓朝が暮らした両国~」
 ・講師・瀧口雅仁、14:00~16:00、受講料1500 円(飲物付)
◎10/12(土)「ダーク広和 テーブルマジックの会」
 ・14:00~15:30、入場料3000円 (開演前に手品師による振舞い珈琲付)
◎10/13(日)「小傳次・たけ平『怪談牡丹燈籠』(リレー落語)」
 ・14:00~16:00、入場料2500 円
◎10/23(水)「松子会(古今亭志ん松・林家なな子二人会)」
 ・19:00~21:00、入場料1000 円
◎10/25(金)「墨亭・落語講座・その7~すみだ落語散歩~」
 ・講師・瀧口雅仁、14:00~16:00、受講料 1500 円(飲物付)
◎10/26(土)「神田春陽・岡大介(カンカラ三線)二人会」
 ・14:00~16:00、入場料2000 円
◎10/27(日)「林家正雀 噺の世界 」
 ・正雀『ちきり伊勢屋(上)』他 、14:00~16:00、入場料2500円


※各回とも開場は開演の 20 分前です (10/12 ダーク広和の会のみ 13 時開場)

【会場】 向島・墨亭 (墨田区東向島 1-10-20)
【問合せ・予約】 オフィスぼんが 080-1327-5615/ticketbon@yahoo.co.jp (メールが確実です)

墨亭のお知らせ(2019年8~9月)

【8月の「墨亭」公演】

★いよいよ佳境の「四谷怪談」★
・8月18日(日)13時40分開場、14時開演:「神田春陽『四谷怪談』連続公演・三」2000円


★初の夜興行です。若手二人の芸に注目してください!★
・8月20日(火)18時30分開場、19時開演:「松子会(志ん松・なな子二人会)」1000円

【9月の「墨亭」公演】
③9月8日(日)14時開演:「神田春陽”真夏の”講談『四谷怪談・その4』」2000円
④9月13日(金)14時開講:「落語講座・その5~『野ざらし』で八五郎はどこで釣りをしたのか?」1500円
⑤9月14日(土)10時30分開演:「朝の二ツ目の会~三遊亭わん丈の会」1500円
⑥9月14日(土)14時開演:「神田春陽連続講談の会『徳川天一坊・その6』」2000円


尚、墨亭へのアクセスは、オフィスぼんがブログ内をご参照願います。
https://blog-imgs-126.fc2.com/o/f/f/officebonga/201904051746317df.jpeg

万障繰り合わせの上、お越しください。
よろしくお願いいたします。

オフィスぼんが
080-1327-5615
ticketbon@yahoo.co.jp

7月の「墨亭」のお知らせ

いつもお世話になっております。
ギリギリの情報ではありますが、「墨亭」の7月のご案内です。
この三連休に、午前中はおススメの若手の会、午後は講談とベテランの会です。
初夏の落語と講談の会でいかがですか?

・7/13(土)「神田春陽“夏の”講談の会『牡丹燈籠』」14時開演【満員御礼】
・7/14(日)「柳家燕弥の会」10時30分開演、2000円
・7/14(日)「神田春陽連続講談の会『徳川天一坊・伍』」14時開演、2000円
・7/15(月)「柳家小んぶの会」10時30分開演、1500円
・7/15(月)「林家正雀の会・珍しい落語」14時開演、2500円

※会場:向じま墨亭
https://blog-imgs-126.fc2.com/o/f/f/officebonga/201904051746317df.jpeg

万障繰り合わせの上、ご来場願います。
ご連絡を頂戴できれば幸甚です。
どうぞよろしくお願いいたします。

向じま墨亭・こけら落とし公演について

【向じま墨亭・こけら落とし公演について】
GWのこけら落し公演の現況に関しては以下の内容通りです。

※第一部・10:30~12:30/第二部・14:00~16:00(開場は開演の20分前)
◎5/1(水)
・第一部:「柳家さん喬の会」【満員御礼】
・第二部:「神田春陽連続公演・初日~助演:岡大介」2000円
◎5/2(木)
・第一部:「隅田川馬石の会」【満員御礼】
・第二部:「神田春陽連続公演・二日目~助演:田辺いちか」2000円
◎5/3(金)
・第一部:「古今亭菊志んの会」【満員御礼】
・第二部:「神田春陽連続公演・三日目~助演:神田愛山」2000円
◎5/4(土)
・第一部:「桂 文治の会」2500円
・第二部:「神田春陽連続公演・千秋楽~助演:杵屋三七郎」2000円
◎5/5(日)
・第一部:講座「向島と落語と焉馬と圓朝」(瀧口雅仁)1500円(飲物付)【満員御礼】
・第二部:「正雀・菊志ん二人会《向島編》」【満員御礼】


【お問い合わせ】
・メール:ticketbon@yahoo.co.jp
・電話:080-1327-5615
・twitterのリプ

【会場】
東京都墨田区東向島1-10-20
※「鳩の街商店街」墨堤通り側入口角(水戸街道側から商店街を300m)

向じま墨亭のお知らせ

応援をしていただいている方より、なんと幟を頂戴しました。
当日はこれをはためかせますので、幟を頼りにご来場ください。
お待ち申し上げております。

向じま墨亭のお知らせ

おかげさまで、以下の会は受付を終了いたしました。

【満員御礼】
5/5(日)
・第一部:講座「向島と落語と焉馬と圓朝」(瀧口雅仁)
・第二部:「林家正雀・古今亭菊志んの会」


どうぞよろしくお願いいたします。

向じま墨亭のご案内

おかげさまで、以下の会は受付を終了いたしました。

【満員御礼】5/3(金)「古今亭菊志んの会」

どうぞよろしくお願いいたします。

向じま墨亭のお知らせ

長く、PONY CANYONの落語CDのジャケットをデザインしていただいた中山デザイン事務所さんから、プロのアプローチ図を頂戴しました。これを参考にしてお越し願います!
また、以下の会は受付を終了いたしました。

【満員御礼】5/2(木)「隅田川馬石の会」


どうぞよろしくお願いいたします。
↓以下の地図をクリックしていただくと、拡大表示されます。
向じま墨亭 map

向じま墨亭・こけら落とし公演について

【向じま墨亭・こけら落とし公演について】
一般発売は4/5(金)10:00~です。
GWのこけら落し公演に関して、以下の内容です。

※第一部・10:30~12:30/第二部・14:00~16:00(開場は開演の20分前)
◎5/1(水)
・第一部:「柳家さん喬の会」3000円【満員御礼】
・第二部:「神田春陽連続公演・初日~助演:岡大介」2000円
◎5/2(木)
・第一部:「隅田川馬石の会」2500円【残席僅少】
・第二部:「神田春陽連続公演・二日目~助演:田辺いちか」2000円
◎5/3(金)
・第一部:「古今亭菊志んの会」2500円【残席僅少】
・第二部:「神田春陽連続公演・三日目~助演:神田愛山」2000円
◎5/4(土)
・第一部:「桂 文治の会」2500円
・第二部:「神田春陽連続公演・千秋楽~助演:杵屋三七郎」2000円
◎5/5(日)
・第一部:講座「向島と落語と焉馬と圓朝」(瀧口雅仁)1500円(飲物付)【残席僅少】
・第二部:「正雀・菊志ん二人会《向島編》」3000円


【お問い合わせ】
・メール:ticketbon@yahoo.co.jp
・電話:080-1327-5615
・twitterのリプ

【会場】
東京都墨田区東向島1-10-20
※「鳩の街商店街」墨堤通り側入口角(水戸街道側から商店街を300m)

改訂:向じま墨亭へのアプローチ法

【向じま墨亭へのアプローチ法】
手書きですが、向じま墨亭への行き方を作ってみました。
画像をクリックすると、拡大されます。

(どなたかデータ作成をお願いいたします=笑=)
20190327_154316-1.jpg

向じま墨亭・こけら落とし公演について

【向じま墨亭・こけら落とし公演について】
お問い合わせを沢山頂戴しております。
GWのこけら落し公演に関して、以下のように決定を致しました。

※第一部・10:30~12:30/第二部・14:00~16:00(開場は開演の20分前)
・5/1(水)第一部:「柳家さん喬の会」3000円/第二部:「神田春陽連続公演・初日」2000円
・5/2(木)第一部:「隅田川馬石の会」2500円/第二部:「神田春陽連続公演・二日目」2000円
・5/3(金)第一部:「古今亭菊志んの会」2500円/第二部:「神田春陽連続公演・三日目」2000円
・5/4(木)第一部:「桂 文治の会」2500円/第二部:「神田春陽連続公演・千秋楽」2000円
・5/5(金)第一部:講座「向島と落語と焉馬と圓朝」(瀧口雅仁)1500円(飲物付)
/第二部:「正雀・菊志ん二人会《向島編》」3000円


【ご予約等】
ご予約については、4/5(金)10時より、以下で承ります。
・メール:ticketbon@yahoo.co.jp
・電話:080-1327-5615
・twitterのリプ

【会場】
東京都墨田区東向島1-10-20
※「鳩の街商店街」墨堤通り側入口角(水戸街道側から商店街を300m)

【アクセス】
★一般ルート:近いルート★
 ①東武スカイツリーライン「曳舟駅」より、徒歩8分(浅草より2駅/東京メトロ半蔵門線直通)
 ②京成電鉄「京成曳舟駅」より、徒歩10分
★通なルート:区内在住者向け★
 ③墨田区循環バス「すみまるくん」北西ルート「鳩の街商店街入口」よりすぐ
★おススメルート:晴れた時やブラッと訪ねたい時★
 ④「浅草駅」より、隅田公園等を通り、隅田川沿いに歩いて20~25分
  ※春はお花見、夏は川風&夕涼み、秋は紅葉、冬は……のルート。途中に、長命寺桜もち、言問団子の店があります
◎尚、駐車場はございません。公共の交通機関をご利用ください。

以上、どうそよろしくお願いいたします。

【追加情報】「向じま墨亭」こけら落とし公演

追記を表示

「墨亭」開設のお知らせ

【ご挨拶】
いつもありがとうございます。
この度、新しい落語会・演芸会を始めることになり、ここにお知らせ申し上げます。
あまり大きな形での落語会ではありません。
普段は個人的な書斎として使用している、築60年以上の元・古商店です。
この度、耐震を含めて大改装し、その和室という小さな空間での落語会です。
常設は出来ませんが、空いている日にブラッと訪れてもらえる空間です。
場所は、向島は「鳩の街商店街」(墨堤通り側)の入口の角です。
落語でお馴染みのフレーズを借りれば、昭和33年3月31日まで「赤線」があったエリアです。
また、向島と言えば、江戸後期に烏亭焉馬が「咄の会」を始めた江戸落語発祥の地です。
そんな江戸文化漂う向島の地で、定員わずか20名の土足厳禁の空間で、
いつもよりちょっと贅沢な時間をお送りいただければと思います。
席の名前は「墨亭(ぼくてい)」です。

【公演内容】
墨亭こけら落とし公演をGWに連日開催します。
初日は地元出身の柳家さん喬師の会、二日目は地元在住の隅田川馬石師の会です。
また、午後は講談の会を連続で開催します。
詳細未定な部分もありますが、ご来場をお待ち申し上げております。

※第一部・10:30~12:30/第二部・14:00~16:00(開場は開演の20分前)
・5/1(水)第一部:「柳家さん喬の会」/第二部:「神田春陽連続公演・初日」
・5/2(木)第一部:「隅田川馬石の会」/第二部:「神田春陽連続公演・二日目」
・5/3(金)第一部:「古今亭菊志んの会」/第二部:「神田春陽連続公演・三日目」
・5/4(木)第一部:「桂文治の会」/第二部:「神田春陽連続公演・千秋楽」
・5/5(金)第一部:講座「向島と落語と焉馬と圓朝」(瀧口雅仁)
/第二部:「正雀・菊志ん二人会《向島編》」
※5/5・第一部は変更の可能性あり


【ご予約等】
詳細(予約方法・木戸銭)が決まり次第、メルマガ・ブログでお知らせいたします。

【アクセス】
★一般ルート:近いルート★
 ①東武スカイツリーライン「曳舟駅」より、徒歩8分(浅草より2駅/東京メトロ半蔵門線直通)
 ②京成電鉄「京成曳舟駅」より、徒歩10分
★通なルート:区内在住者向け★
 ③墨田区循環バス「すみまるくん」北西ルート「鳩の街商店街入口」よりすぐ
★おススメルート:晴れた時やブラッと訪ねたい時★
 ④「浅草駅」より、隅田公園等を通り、隅田川沿いに歩いて20~25分
  ※春はお花見、夏は川風&夕涼み、秋は紅葉、冬は……のルート。途中に、長命寺桜もち、言問団子の店があります
◎尚、駐車場はございません。公共の交通機関をご利用ください。

以上、どうそよろしくお願いいたします。

夏の落語会のお知らせ:2018.06.15

特撰落語会 3days at 橘家
~30名で楽しむ、真夏のちょっと贅沢な落語会~

◎8/17(金)
18:00~20:00  桂文治の会     2500円(当日3000円)
◎8/18(土)
10:00~12:00  露の新治の会   2500円(当日3000円)
14:00~16:00  柳家さん喬の会  3000円(当日3500円)
◎8/19(日)
10:00~12:00  隅田川馬石の会  2500円(当日3000円)
14:00~16:00  古今亭菊志んThe東京マンスリー⑤  2000円(当日2500円)
※各回とも開場は開演の30分前です※
※和室でのご案内になります。椅子席はございません※
★会の性質上、キャンセルは固くお断りいたします★


【料金】 各回により異なります。上記をご参照下さい
【会場】 四谷三丁目・橘家 (新宿区荒木町11 橘家ビル)

★会場への行き方★
東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅4番出口より徒歩5分or都営新宿線曙橋駅A4出口より徒歩3分。
① 丸ノ内線四谷三丁目駅を下り、四谷消防署とパチンコ屋さんの間(外苑東通りを北側)を進みます。
② 300mほど歩くと、右手に“一心ラーメン”があります。
③ ラーメン屋さんの左脇の路地を正面に進んだすぐの右側の建物です。
(小さな「橘家」の看板があるのと、当日は玄関前にチラシを掲示します)

【問合せ・予約】
オフィスぼんが
080-1327-5615
ticketbon@yahoo.co.jp
(メールが確実です)

落語会のお知らせ:2018.03.26

いつもありがとうございます。
きっと春にふさわしい落語会のお知らせです。
高座から漂う春の風を感じ取っていただきたく……。
全公演とも予約受付中。万障繰り合わせの上、お越し下さい。

【今月のつくし噺は『寝床』!】
「つくしのはなし・その3~川柳つくしの落語会」
・3月30日(金)18時30分開場、19時開演、全自2000円
@橘家(四谷三丁目)新宿区荒木町1
・川柳つくし『寝床』他

【寄席でお花見を!】
「第10回昔ばなし三人会」
・4月1日(日)12時30分開場、13時開演、全自2500円
@お江戸日本橋亭
・林家正雀『藁人形』、柳家小里ん『一人酒盛』、金原亭馬生『百年目』(トリ)

【今年のマンスリーが始動】
「古今亭菊志ん The 東京マンスリー2018・その1」
・4月7日(土)13時30分開場、14時開演、全自2000円
@橘家(四谷三丁目)
・菊志ん『百年目』『天災』他


どうぞよろしくお願いいたします。

オフィスぼんが
080-1327-5615
ticketbon@yahoo.co.jp

落語会のお知らせ:2018.02.14

いつもありがとうございます。
2・3月の落語会のお知らせです。
演者の気合いが入りまくった会ばかりです。
全公演、予約受付中です。
万障繰り合わせの上お越し下さい。
どうぞよろしくお願い致します。

【2月の会:長屋の花見がどんな風に?】
「つくしのはなし・その3~川柳つくしの落語会」
・川柳つくし『女たちの長屋の花見』他
・2月24日(土)13時30分開場、14時開演
・橘家(四谷三丁目)新宿区荒木町11
・全席自由2000円(当日2500円)

【3月の会・その1:師匠の十八番を語る】
「第3回 林家正雀・古今亭菊志ん二人会」
・正雀『穴どろ』、菊志ん『井戸の茶碗』(2席ずつ)
・3月4日(日)13時30分開場、14時開演
・橘家(四谷三丁目)新宿区荒木町11
・全席自由3000円(当日3500円)

【3月の会・その2:今回のネタおろしは?】
「第18回 柳亭左龍・柳家甚語楼二人会」
・左龍『釜泥』、甚語楼『子は鎹』(2席ずつ)
・3月9日(金)18時開場、18時30分開演
・お江戸日本橋亭
・全席自由2500円(当日2800円)


どうぞよろしくお願い致します。

オフィスぼんが
080-1327-5615
ticketbon@yahoo.co.jp

Appendix

プロフィール

officebonga

Author:officebonga
落語・講談・浪曲・大衆演劇…と、日本の伝統文化を日々追い求め、書籍・CDの執筆・編集・制作プロデュース、落語会や演芸関係のイベントプロデュースなどを、地味に地道に行っています。
◎ご相談事、仕事の依頼等ございましたら、
 officebonga(アットマーク)yahoo.co.jp
◎チケット・ご予約に関しましては、
 ticketbon(アットマーク)yahoo.co.jp
 までご連絡をお願い致します!

FC2カウンター

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索